気まぐれパン

ホーム  お知らせ  メニュー  注文  地図  気まぐれパンについて  材料について  問い合わせ

気まぐれパン

気まぐれパン 店主 有馬今日子

1967.6月生まれ 神奈川県藤沢市出身


2008.4月 「マイスターズクラブ祭り2008」(豊橋市)
の「全国アマチュアパン作りコンテスト」で
グランプリをいただきました。
2008.6月 十勝・鹿追町にて開業
2008.7月 「道の駅しかおい」に出店
2010.3月 鹿追町内で移転
2013.4月 上川郡愛別町に移転
2016.4月 上川郡剣淵町に移転

材料について
道産の麦、自家培養の酵母、
農薬や化学肥料を極力使っていない材料でつくっています。
近くでつくられた材料を使うよう心がけています。

詳細は「材料について」をご覧ください。


保存について
全てのパンを自家培養の酵母種でつくっています。
発酵種のパンは保存環境がよいと雑菌が繁殖し難く
日持ちも良く、味は落ちつきまろやかになってきますので
長く楽しんでいただけたらと思います。
保存環境にもよりますが夏は4日、冬は1週間を目安にしてください。
チーズ等傷みやすい素材を使っているパンはお早めにお召し上がりください。
パンが硬くなったら焼いてからどうぞ。

食べきれない場合はスライスして冷凍保存すると長期保存できます。
自然解凍後、焼き戻して食べてください。
ライ麦配合の多いパンは軽く温める程度がおすすめです。


自家培養の酵母でパンをつくること
シンプルにパンをつくりたいと思っています。
粉と水で継いで育てて、自然に増えた酵母で時間をかけて生地を膨らませる。
そうしてつくったパンは酵母と粉が合わさって、
酵母と共に共存している菌なども合わさって、
独特の香りが醸し出されて複雑な味わいがあります。
そんなパンが好きでつくっています。

米飯のようにおかずと一緒に食事として食べられるものを提供したいと思っている為 パンは砂糖やバターなどの油脂を使わない素朴なもの中心です。
ドライフルーツやナッツなどを入れたパンは「混ぜご飯」的なものかと思っています。 どのパンも料理の脇役としてご活用いただけると嬉しく思います。

身近にある麦をはじめとした素材の良さを生かし、食べてお腹がしっかりと満たされ活動する意欲が湧いてくるようなパンをつくっていきたいと思っています。

気まぐれパンをお気に入りいただければ幸いです。





戻る
inserted by FC2 system